クレジットカードを機能停止することそれ自体は易しい作業なのですが無効化する手続きを行う前に気をつけたい点についても忘れないでおくと、無効化を卒なく終えることがたやすくなると思われます。気をつけるべきことを整理致しました故ぜひとも、確認して頂ければ、と思います。カード届け出を完了させた後時間をおかずいきなり無効化を実行するのは危険》クレジット届け出したあと時間を置かないですぐに手にしたクレジットを契約失効を行った場合信頼できない人間などというようにクレジットカード会社にの評価においてラベリングされてしまう意図せぬことが起こってしまいます(極端な想定ですが立て続けに加入⇒試用不可能化というような作業を実行してしまったという場合)。成約時の優待サービス欲しさで行った加入のケースにはギフトカードあるいはポイントを始めとした登録時のサービスの全てを手に入れたのですぐに解約の実行を行いたくなるような考えももっともですがクレジットカード会社の思考法を基準にして見ればそういった客においては一切自社ブランドの準備するクレジットカードを持って迷惑をかけられたくないなどと結論を出すくらいのことがあっても怒ることはできないでしょう。なので、万が一作成時のサービス・ポイントだけを目当てにクレジットをなどを申し込んでしまった時でも焦って失効行わずに最低でも6ヶ月、余裕があれば1年以上はそのクレカについては保有してその後解約することをするべきだと念を押したいと思います。また作成時のプレゼントということに限定せず、とりあえず登録してみたのはいいが使いづらいから早く解約したいなどという場合であっても、6ヶ月経過するまでは財布の中のクレジットカードを所有するようにしておくべきです。カードをもらうサイドが考えるよりカードという代物を確認作業等を含めて交付するためのお金というのはかかってしまうものですから、ほんのちょっぴり手間を減らしてあげよう・・・というふうに思いやって余裕あるコミュニケーションを取って頂けることが出来ればお互い悪い気分にはならないだろう