リングとらせんって映画で放映されて、凄く流行った時期がありましたよね。 映画ではホラー要素がかなり強く、純粋に怖い話として楽しめましたが、個人的な評価はそれ以上でもそれ以下でもありませんでした。 でも小説版、というか原作のリングとらせんは怖い話という感じはあまりせずに、とても面白い、質が高い作品だなという印象のほうが強く残りました。 それから文章の読みやすさも凄く良かったですね。 ああいう大衆向けな映画化をされると、どうしても軽い感じの文体というか、俗っぽい文章を想像してしてしまうのですが、 リングとらせんに関してはそんなことは全くありませんでした。 私は割りと文章の構成というか流れというか読みやすさというか…そういうのには強いこだわりがあって、厳しく見すぎてしまうほうなのですが、リングとらせんは全く引っ掛かることなく読めて、逆に感心してしまったものです。 私もこんなふうに綺麗な文章が書けるようになりたいなとさえ思いました。